ボトックス注射でシワ治療、ワキガ治療、多汗症治療を

多汗症治療に

多汗症というのは、文字通り、汗を過剰にかいてしまう症状のことをいいます。
脇の下や手のひら、背中などに異常なほどの量をかいてしまうというのが特徴です。
人によっては、着ている服がびしょびしょに濡れてしまうほどの汗をかいたり、手のひらの汗で手に持った紙が濡れてしまうほどの症状が出ます。

多汗症の治療法はいろいろあります。症状の程度によっても適切な治療法は異なります。
最も手軽に行える方法が、美容外科などでのボトックス注射による治療です。
ボトックス注射を手のひらやわきの下など汗をかきやすい部位に行うことで、汗の分泌を抑えることができます。

多汗症の人は、精神的な影響が症状をさらに悪化させてしまっているケースが多いとされています。
自分の意志でコントールできない発汗作用ですから、よけいに精神的な苦痛がともなうでしょう。
例えば、恋人とデートする時に「手のひらに汗をかいてしまったらどうしよう」というストレスを感じ、そのストレスが余計に多汗症の症状を促進させてしまいます。
このような精神的なストレスも、ボトックス注射をすることで軽減できるでしょう。